社史研究への誘い

 

良い社史編集者とは何か(3-2)

社史・アーカイブ総合研究所研究員 宮本典子

協力者のよき司令塔として

 どんなに優れた編集者であっても、一人で1冊の社史を完成させることはできません。ライター、デザイナー、カメラマン、校正者、 DTPオペレーター、印刷所、時にはアーキビストや監修者など多くの協力者の力を借りる必要があります。

 そんな中で編集の役割は、協力者の代表として、お客様と打ち合わせして方向性を決め必要な材料を集め、それに従って協力者へ指示を出すことです。いかに協力者に早く正確に指示を出し、無駄のないスムーズな作業を行うかが社史編集者の腕の見せどころです。

 編集者の指示が遅かったり、方向性を間違っていたりでは、協力者たちを振り回すことになってしまいます。スケジュール管理も大切です。いかに良いものでも、締め切りを越してしまえば意味がありません。

 さらにいえば、協力者もみな個性があります。それぞれの制作スタッフの良いところを引き出し、弱いところをフォローする。そうすることでその人の能力を活かすとともに、不用意なトラブルを防止することができます。

 たいへん難しいことですが、単にお金のために仕事をするというだけでなく、協力者も喜んで仕事をしてくれる、そのような関係性を築けるのが良い編集者です。

「社史・アーカイブ総研の挑戦」(2019.10出版文化社刊より抜粋)

社史・アーカイブ総合研究所

お電話でのお問い合わせも受け付けております。

06-7777-9028(大阪)